top of page

フランス語を覚えたくて

1作目の絵本 Petites soeurs(わたしのちいさないもうと)も2作目の絵本 En route pour la piscineも、スイスの出版社からフランス語で出版しました。


私はフランス語が全く分からず、いつか読めるようになりたいなぁ思っていました。


フランス語を覚えたいと思いつつ仕事もあるし、費用もかかるし、勉強苦手だしと後回しにして数年。いい加減行動に移そうと思い、とりあえず本屋さんでフランス語の本を探すようになりました。





ここ最近、前よりも本を読むようになったのですが、どうも教科書形式は苦手でページを開いただけで閉じたくなります。


どんな形ならフランス語を覚えられるのだろうかと悩んでいた時に見つけたのが音声付きの美女と野獣でした。とりあえず聞き流すか!と思い買ってみました。



文章を目で追いながら耳でフランス語の美女と野獣を毎晩聴くようになってなんとなくわかるようになった単語がちらほら。Château(お城)やBête(野獣)など、この先使うだろうか?という単語もたくさんありますが、思ったより収穫があるかもしれません。



ちなみに絵本のストーリーは日本語で考え、英文で作り、スイスに送っています。それを出版社の方でフランス語に訳してもらっています。


まだまだ先は長いですが、自分の作品くらい読めるようになりたいです。

とりあえずスタートに立てました。






閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page